BMW F31 パドルシフトエクステンション取り付け

以前乗っていたレガシィ(BP 2.0GT spec.B)にはパドルシフトが装備されていました。
所有していた車両はAT車だったので、当然シフトチェンジは自動でしてくれる訳ですが、高速道路で急な加速が必要になった時などは手動でシフトダウンすることでトルク不足に陥ること無く力強く加速してくれるので、この様な状況でパドルシフトは結構便利でした。
そして減速したい時もパドルシフトでシフトダウンさせていて、もうその癖が付いてしまっています。

BMWに乗り換えてからもパドルシフトは当たり前のように使っていますが、BMWのパドルシフトに不満が多少なりともあります。

性能に問題がある訳ではありません。
むしろシフトチェンジは昔乗っていたレガシィよりも素早く行ってくれるので、ちょっと感動したくらいです。

では何が不満かと言えば、それはステアリング(ハンドル)を切っている時にパドルシフトを操作しようとすると、たまに空振りしてしまうことがあるからです。

レガシィの時はパドルシフトがコラム固定式だったので左がシフトダウンで右がアップと単純明快です。
またパドルシフトレバーもBMWのものよりだいぶ長かったので、ステアリングを切りながら咄嗟にシフトチェンジするにしてもレバーを見失うことはありませんでした。

こちらがレガシィのパドルシフトレバーです。
shift1.JPG

これがBMWの場合、パドルシフトはステアリング連動となっていて、またそのパドルシフトレバーそのものもかなり小ぶりなのでステアリングを切りながら操作する時、未だに「スカッ」と空振りしてしまうこともあります。

レガシィと比べてパドルシフトが小さい(短い)のがお分かりいただけるかと思います。
shift2.jpg



私は個人的にコラム固定式のパドルシフトが好みですが、仕様が違うので仕方ありません。


何か方法は無いかと検索したところ、パドルシフトエクステンションと言うものが販売されていることを知りました。

エクステンション=延長すると言う意味で、小ぶりなパドルシフトの操作ミスを減らす為に延長する後付けのパドルシフトレバーになります。



価格はピンキリで、安いものでは3千円程で、高いものは6万円程のものまであります。


価格差は素材の違いが最も大きいとは思いますが、あとは販売店の利益率や仕入れ値によるものかもしれません。
同一商品に見えるものでも販売店によって価格差が2倍くらいあるものもありました。
5〜6万円程の高価な製品は両面テープで貼り付けるのでは無く、純正のパドルシフトレバーを取り外し交換するタイプのものが殆どです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BMW F10・F30・F87 パドルシフター/ブラック・ドライカーボン 【AU...
価格:52800円(税込、送料無料) (2021/5/11時点)




見た目を重視するなら交換タイプのもので、安価に、お手軽にと言うのであれば貼り付けるタイプのものを購入してください。


比較的安いものはアルミ製で、高いものはカーボン製と言うのが一般的でしょうか。
アルミは寒い時期に触れると冷たいので、ヒヤッとするのが嫌ならカーボン製の方が良いと思います。

私が購入したものはこちらですが、この価格ならカーボン製にしておいた方が良かったかもしれません。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AL 適用: BMW F30 F10 GT X1 X4 Z4 3シリーズ 4シリ...
価格:17470円(税込、送料別) (2021/5/11時点)






BMWでもF系は基本的にパドルシフトの形状は同じですが、G系では形状が変わっているので購入の際は適合を確認してください。

以下で紹介するパドルシフトエクステンションはF系に適合するものです。

とりあえず試してみたい人は安価なものでも十分だと思います。
赤、黒、シルバーから選択可能です。




Mパフォーマンスロゴ入りの商品もあります。




カーボン製です。




取り付けは簡単です。
付属の両面テープをパドルシフトエクステンションに貼り付け、純正のパドルシフトの油脂汚れなどをパーツクリーナー等で拭き取り、パドルシフトエクステンションをパドルシフトに貼り付けるだけです。

ものによっては両面テープが貼り付けてあるかもしれませんが、基本的には自分で貼り付けるものが殆どだと思います。
shift3.jpg

脱脂をして両面テープを貼り付けました。
shift4.jpg

その後純正パドルシフトの裏側に貼り付けます。

両面テープの剥離紙を剥がす前にどの位置に貼り付けたら良いか、仮合わせをして確認しておいた方が良いと思います。

取り付けは簡単で左右で5分も掛かりませんが、貼り付け後は少なくとも数分は圧着しておいた方が良いかもしれません。
軽く貼り付けるだけではもしかしたら剥がれ落ちてしまうかもしれません。

強い力が掛かると剥がれてしまうので、貼り付けてから少なくとも1日は操作しないでください。
(寒い時に貼り付ける場合、粘着力が弱いのでヒートガンやドライヤーなどで温めた方が粘着力は上がります)


だいぶ長くなったので空振りすることが無くなりました。
shift5.jpg

操作性も結構向上したと思います。

意外とオススメです。

shift6.jpg


この記事へのコメント